Loading...

鍼治療Acupuncture

鍼治療

鍼治療:犬
鍼治療:猫

「昨日までは普通に歩けていたのに、突然、後ろ足だけ引きずる」
「朝起きたら、後ろ足を引きずって、前足だけで歩いていた」

など、このような症状は、前触れもなく突然現れることもあり、飼い主さんは茫然とされます。
特にダックスさんの飼い主さんは、「ダックスは腰が弱い」「足を悪くしやすい」などの知識をお持ちの方も多く、「椎間板ヘルニア」という言葉も頭の片隅にある方が多い様に感じます。

でも実際、わが子が後ろ足を引きずる姿を見れば、「もう歩けないかもしれない」「手術だろうか」「車いすが必要になるかもしれない」など、不安は尽きません。
当院では、わんちゃんの症状の程度、ご家族のご希望などを丁寧に照らし合わせ、手術以外の治療の一助としての鍼治療をご提案しています。

鍼治療の流れ

鍼治療:犬

❶当院での診察/CT・MRIなどの検査

痛めた場所の特定とその程度、腫瘍の有無などを確認するための検査です。大学病院への紹介状をお渡しします。(当院は『鹿児島大学動物病院のパートナー病院』です)

鍼治療:犬

❷鍼治療開始

最初は鍼治療だけでなく、通常のお薬も併用することもあります。その後は状態に応じて、施術回数を週1回、2週間に1回と減らしていきます。

鍼治療の一例

Q&A さまざまな疑問にお答えします!

Q1. どんな症状に効果がありますか?

手術を希望されない椎間板ヘルニアの症例が多いですが、これまでに、皮膚疾患、頸部腫瘤摘出後のリハビリ、椎間板ヘルニア手術後のリハビリ、排尿障害などにも効果がありました。鍼治療は安全で体に優しい治療です。人の医療では神経痛、関節炎などの神経・運動器疾患だけではなく、呼吸器系疾患、消化器系疾患、婦人科系疾患などたくさんの疾患に鍼治療の効果が認められるといわれています(WHO)。

Q2. 動物は痛がりませんか?

特に1回目は、様子や反応を見ながら施術を行いますが、ほとんどの子がおとなしく治療を受け入れてくれます。

Q3. 時間はどれくらいかかりますか?

鍼の後に低周波を流します。全部で30分ほどです。

Q4. 通院の間隔はどれくらいですか?

症状にもよりますが、最初は週2~3回をお勧めしています。その後は様子を見ながら週1回、2週間に1回と間隔を伸ばしていき、治療終了となります。その後も再発防止のために定期的に通院される方もたくさんいらっしゃいます。

Q5. 費用はいくらくらいですか?

1回の治療費は5,300円(税抜)です。動物保険(アニコム・アイペットなど)が使えます。