Loading...

歯科処置

歯科・口腔外科

治療している猫

「最近、ドライフードを食べたがらなくなった」「口臭がひどく、口を触らせてくれない」「頻繁にくしゃみをして、鼻から汚れが出ることがある」 このような症状は一般的には加齢とともに少しずつみられることが多いのですが、若い子でも決して無関係ではありません。3歳以上のわんちゃんの約80%は歯周病だと言われています。お口のトラブルは、お口だけの問題ではありません。歯周病から腎臓、心臓、肺などにも害が及びます。当院では、まずは麻酔下で歯石を除去し(スケーリング)、そのあと歯の表面を磨き上げます(ポリッシング)が、一番大切にしているのは、その後のホームケアの指導と当院でのアフターケアです。

歯科処置の流れ

鍼治療:犬

❶当院での診察

現在の歯の状態を診察します。その場で歯垢を少し取り、位相差顕微鏡で歯周病菌を観察します。その後、麻酔がかけれるかの事前検査(血液検査、心臓の検査)を行います。

鍼治療:犬

❷処置開始/術後

歯科処置日をご予約下さい。当日は朝ごはん抜きでご来院頂きます。お預かりし、点滴、生体モニター管理下で麻酔をかけて、歯石除去(スケーリング)、磨き上げ(ポリッシング)を行います。お帰りの際にはお薬をお渡しし、ホームケアの指導を行います。1週間後に再診させて頂きます。その際、当院でお薬を使って歯磨きを行います。

歯科処置のビフォーアフター

Before

歯科処置のビフォー

After

歯科処置のアフター
Q&A さまざまな疑問にお答えします!

Q1. 麻酔は必要ですか?

限られた時間の中で、お口の中を全てきれいにするためには、麻酔が必要と考えます。歯科処置は、歯の表面の歯石をとることよりも、むしろ歯周ポケット内をきれいにすることが重要です。無麻酔処置をご希望の方はご相談ください。ただし、麻酔処置に比べて、1回にできる施術内容に限りがあること、口腔内を全てきれいにするためには、わんちゃん自身の協力が不可欠であること、複数回にわたって通院して頂く必要があることをご理解ください。

Q2. 高齢だけど、麻酔をかけても大丈夫ですか?

当院では、全ての手術の前に、「麻酔をかけても大丈夫かな?」という事前検査を実施しています。血液検査と心臓の検査を行いますが、場合によってはレントゲン検査や超音波検査などの追加検査を行うこともあります。

Q3. 入院は必要ですか?

基本的には日帰りが可能です。ただし、処置後の様子次第では1泊入院をお勧めする場合があります。

Q4. 痛がりませんか?

歯の状態によっては抜歯をしたり、そこを縫合したりする、いわゆる外科処置を行うことがありますが、術後は痛み止め、抗生物質を使って、痛みと炎症の軽減に努めています。

Q5. 費用はいくらくらいですか?

抜歯や縫合などの特別な処置が必要ない場合は、麻酔+歯石除去+磨き上げ(ポリッシング)代で15000円~です。その他の点滴代やお薬代は体重によって違いがありますので、詳細は直接お問い合わせください。